忍者ブログ

よいこわるいこふつうのこ

にんじゃなんじゃもんじゃ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

男子 in ワンダーランド。

五年の友情って女の子が見てて「いいなー(はあと)」って思うノリがいいですよね。男4人でディ○ニーランド行っちゃう、みたいな。マスコット耳もノリノリでつけちゃう、みたいな。この場合、久々知はマスコット耳にもマウスたちにもまったく興味はありませんが、三郎や雷蔵や竹谷に言われるがままに耳つけたりアトラクション並んだりします。久々知は興味のないことにはこだわりがないので、3人に任せきりです。たまーに、パレード見て「あれ、あのアヒル、女バージョンもいるんだな」「ああ、でいじー?」「女マウスと違って色気ムンムンだな。いいな。俺こっちが好み」とか呟いたりします。それ見て三郎が「やだあ、兵助くん、ほんと熟女系好き過ぎー」とかってからかう。竹谷はジャンボ餃子食べよーぜってしきりに言ってる。ちなみにマスコット耳は竹谷と雷蔵がふたりともてぃがーをつけたがったんでジャンケンした。負けた雷蔵はぷーさんになった。三郎はマリー。久々知はみっきー。
4年もディ○ニー行けそうだけど、滝は人ごみ嫌いでげんなりしてるし三木と喧嘩ばっか。楽しんでるのは綾部とタカ丸。マスコット耳みんなでつけよーよと誘うタカ丸に対して「「そんなもんつけるわけないでしょーが!!」」とこんなところだけ気の合うふたり。
6年はディ○ニー6人でいくとか無理。絶対ムリ。潮江「夢の国?なんだそれは・・・団蔵、お前寝ぼけてるのか?」仙蔵「この面子でディ○ニーだと?面白い冗談だ」長次「・・・」小平太「一回行ったことあるけどあそこそんなにおもしろくないぞ」食満「嫌だ(即答)」伊作「ああいう場所は・・・男ばっかりで行くのは不毛じゃないかなー(苦笑)」


寒い日は食満先輩にダッフルコート着せたいよな!小説。↓

寒い。食満は鼻の頭を赤くして、自販機で買ったホットコーヒーの、冷めた一滴を咽喉の中に流し込んだ。ぶるっと身震いすると、そばにあるダストボックスにそれを投げ入れる。それから冷たい指先をコートのポケットの中に押し入れた。
「さみッ」
と呟いて身体をちぢ込ませる。吹きすさぶ北風は切るようだ。海に程近いこともあってとにかく寒い。手袋をしてこなかったのはミスだったな、とひとりごちた。公園の時計を見上げると、針は午後二時過ぎをさしている。どんよりと立ち込めた厚い灰色の雲は、空全体を覆い隠して世界はどんより薄暗い。今夜は雪になるかもしれないと食満は思った。
「留三郎せんぱーい!」
背後で自分の名前を呼ぶ声がして、食満は振り返った。富松がジャンバーを羽織っただけの軽装でこちらに走ってきていた。ジーンズに擦り切れそうなコンバース。慌てて家から飛び出してきたのだろうか、いつもと変わらぬなりに食満は苦笑する。
「作兵衛、ばか、お前、寒いだろ」
駆け寄ってきた少年の首に、己の巻いていたチェックのマフラーを巻きつけてやる。富松は平気ッスよ、と返したが、すぐ後で大きなくしゃみをした。食満は笑ったが、これには富松も格好がつかないと情けない表情を浮かべた。
「いきなり呼ぶからなんだと思って、慌ててきたんですよ!」
「別にたいした用事じゃない。お前が見たがってた試合のチケットが偶然手に入ったから、いっしょに行こうと呼んだだけだ」
「それならそうといってくれたらいいのに」
「膨れるな、サプライズだよ」
食満が機嫌よく笑って富松の鼻のてっぺんを指でつついた。そのとき、竹谷が孫兵を引き連れてやってきた。どうやら食満は4人分のチケットを手に入れたらしい。竹谷は孫兵の手を引いている。こういうところ、ほんとたらしっぽい人だよな。富松は見咎めて内心呆れた声を上げる。孫兵はまったく野球に興味はないだろう、竹谷がいくというからついて来たに違いない。竹谷に逃げないように手を握られて引っ張ってこられて、孫兵は怒った表情のまま頬を上気させている。体温の低い孫兵は、冬は本当にひんやりとした身体をしている。それをピーコートとマフラー、手袋で包んで完全温暖装備だ。たいして竹谷はもともとの体温が高い人でもあるから寒さに強く、大きなパーカーを羽織っているだけだった。
「ハチ、寒いだろそれじゃ」
「平気ですよ。さっきまで身体動かしてたし、暑いくらいです」
食満はしばらく逡巡して、おもむろにダッフルコートを脱ぎ始める。竹谷が慌てた。
「交換だ」
「いいですってば別に!」
「汗が冷えたら風邪引くだろ」
ほら、と脱いだコートを惜しげもなく突きつける。富松がはたで慌てた。「あの、俺、俺寒いの平気だから、マフラーお返しします!」そういってマフラーと外そうとするのを、竹谷と食満がふたりでとめた。
「いいよ、マフラーは富松がしてろ。風邪引くと大変だからな」
「作兵衛、それはお前がしてろ」
「え、あ、でも」
孫兵は、はあ、と深く溜息をついてから、自分のマフラーと手袋を外して竹谷に渡した。
「孫兵、寒いだろ」
「寒いですよ。だから、さっさと行きましょうよ。試合に遅れます」

4人でわきゃわきゃしてろっつーの。

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フリーエリア

最新コメント

[06/22 すがわら]
[06/22 すがわら]
[06/22 muryan]
[06/22 muryan]

最新記事

(04/04)
(09/07)
(08/30)
(08/24)
(08/23)

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © よいこわるいこふつうのこ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]