忍者ブログ

よいこわるいこふつうのこ

にんじゃなんじゃもんじゃ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

逢引

は組大人パロ。今度は庄伊。
庄左ヱ門と伊助はお互い好きあっているけれども、店棚の旦那だから嫁をとらなければいけない。責任感の強い庄ちゃんは母親に請われて仕方なく見合いで所帯をもっちゃって、伊助とは逢引を続けている、そんな昼ドラ展開を妄想した。


***

「伊助、痛いかい?」

 気遣わしげに、庄左ヱ門が耳元で囁いた。。伊助の肩口に埋めていた顔を持ち上げ正面から覗く。無造作に積み重ねられた薪木の山にもたれ掛けさせた背中が、粗い杉の樹皮に擦れてひりひりと痛かった。避けるようにして上半身を半端に浮かべ続けても、その姿勢が辛い。伊助は首を横に振って、庄左ヱ門の背中を絞り掴むようにして、ぎゅう、としがみ付いた。庄左ヱ門は伊助を助けるように彼の尻を押し付けるようにして己の膝の上に乗せると、丸まった背中を宥めるように優しく、労しげに撫でてくれる。けれども限界が近いのか、気遣うつもりの手は徐々に伊助の背中を撫で擦るようにして滑り、尾骶骨の辺りを執拗に撫でて結局は愛撫に換えてしまう。そんな彼の優しさと余裕のなさが顕れた無意識の振る舞いが、ひどく愛おしい。
 庄左ヱ門にしがみ付いてぶらさがっているような状態では、自由に動くことも儘ならない。伊助、動いてと庄左ヱ門が囁いた。庄左ヱ門は顔を近付け、伊助の顔に、唇に接吻する。少しの腰の揺れでも擦れる快感に眉を顰めてやり過ごしながら、舌を絡ませる。庄左ヱ門は再び、宥めるように伊助の背を撫でた。

「…恥ずかしい」

 顔を離した伊助が呟き、庄左ヱ門に抱きついたまま甘えるように顔を押し付ける。今度は伊助のよい形をした後頭部に唇を落とした。哀れみながらそこに唇を当て、啄ばむように口付けて―――後は同じだ。労わる仕草はやがて愛撫になり、伊助の心中に愛惜と、やきりれぬ哀しさを降り積もらせる。
 
「俺たち、今悪いことしてる、よね」
「うん」
 
庄左ヱ門は短い返事を零したっきり、黙って愛撫を続けている。
 伊助の頭に接吻を振り散らせながら、腕は別の生き物のように動いて、伊助の背中を抱きすくめる。納屋に入った途端お互いに余裕もなく貪りを開始した所為で、着物を脱ぐ事ができなかった。脱ぐ事もせず、先日染めたばかりの茜色の着物ごと、火照った身体を抱きしめられる。腹の中で膨れている庄左ヱ門の熱。身じろぎすると、敏感な場所を強く擦られて、伊助の身体は自然ずり上がって、逃げようとする。庄左ヱ門が喉の奥で笑って、更に押し付けてくる。

「逃げちゃだめだよ」
「…だって、苦しい」
「逃げたらいつまでもこのままでずっと苦しいよ」
「このままでいい」
「駄目、夕刻になって、ひとえが帰ってきてしまう」

 伊助の顔を見下ろし、そんな顔しないでよ、と庄左ヱ門は切なげに請う。被害者のような顔で。自分は責めるような表情を浮かべているんだろうかと、伊助はつい心配した。ひとえ、と、女の呼ぶ声の穏やかさが憎い。己の名を呼ぶ時の情念のほうが何倍も深いとはわかっているけれども、女が女であるというだけで、伊助は絶対にその名に勝てない。
 伊助は、なお喋らず、無言で庄左ヱ門の肩口に顔を擦り付けた。押し付けた腰を上下に動かして、あん、あん、とはした女のような品のない喘ぎ声を出してみせる。
 庄左ヱ門は、案外切羽詰っていたのか、ぬめりに任せて擦り合うだけの行為に厭きたのか伊助の腰から己の楔を引き抜くと、無言で押し入ってきた。解された場所に宛がわれ強張る間も無く貫かれる。伊助は、ついに辺りを憚らず声をあげてしまった。身体が隅々まで引き攣る。生命として保っていた恒常性を捻り込まれた熱さと痛みで、瞬時に徹底的に突き崩される。喉の奥から抑えようのない呻きが漏れた。
 庄左ヱ門は一旦奥まで収めるといつも、観察するように伊助の様子を眺める。不思議に静謐な顔で。張り詰めた劣情を伊助に埋め、これから登り詰める男の顔とは思えない、暫時の静けさ。その顔を見ると伊助はいつも自覚せずにはいられない。己の隙間を割り開き、収まっている、楔。埋まっている。確かに在る。思い知ると、動かない其れを確かめるように、下半身に力が篭り、締め上げてしまう。
 伊助の身体が応えるのを合図にしているのか。庄左ヱ門は自分を受け入れ歪む顔を無言で見下ろしながら、打つように引き抜いては、埋めてくる。何度か緩慢な抽迭が繰り返される。庄左ヱ門の動きに合わせ、繋がった場所を中心に、全身に靄のようでありながら確実に広がる激痛。伊助は下唇を噛み締める。いつも、庄左ヱ門の身体に爪を立てるなり声を押さえるために口腔に突っ込まれた布を噛み締めるなりして気持ちを逸らし痛みを紛らわせる。脚を割り開かれた状態では他にどうしようもない。自由にならない。不自由と激痛と、彼に抱かれ始めてから常に付きまとう罪悪感に、唇を噛み締める。声は喉の奥で死ぬのに、痛みは一向に和らぐ気配がない。
 うずめられると内臓がせり上がって嘔吐するような心地。引き抜かれると、そのまま、何かの芯を抜かれそうになる。凶暴が去ったかと弛緩しかける肉を、容赦なく再び、穿たれる。そしてまた退く。それの繰り返し。ゆっくりと、気遣うようにそれでいて暴き立てるように、庄左ヱ門は此方の顔を見ながら蹂躙を繰り返す。入ってくる。去られる。その繰り返し。何度も。痛い。痛くて、

「…………あ」

 不意に、呆けたような声を出してしまう。声になるかならぬかの呟き。しかし噛み締めていた唇を解いてしまった。何度目かの、奥までいれて、引き抜かれる動作の瞬間、ふと滲むような快楽の気配があって呟いてしまった。喘ぎと呼ぶにはささやかすぎる一声。それでも庄左ヱ門は気付いたのだろうか。やや今までより乱暴に奥まで埋め込まれ、そのまま小刻みに揺さぶられる。

「あ……あ、あ、」

 喉の奥から勝手に声が漏れる。一度離すと上手く唇を噛み締められなかった。揺さぶられながらでは上手くいかない。呆けたように、口から勝手に漏れる声。息のように声が上がる。抑えられない。一度自覚するとあたたかな液が滲むように下腹部から、せり上がる快楽。
 
「庄…ヱ、門…ッ。だめ、駄目・・・!」
「伊助、どうしたの」
「声、だめ、とめらんな・・・っ」
「いいよ、出して。聞かせて」

 依然痛みはあるが、慣れている伊助は一度その端を捕えた快楽を逃がしはしなかった。僅かに腰が浮き上がる。庄左ヱ門を受け入れ易いよう。眉根を寄せて、睨みつけると、大丈夫だよと苦笑した庄左ヱ門の手が伊助の剥き出しになった細腰に伸び、しっかりと掴んで、柔らかな笑みから取り残されたように激しく何度も突き上げてくる。静かな顔は相変わらずだが、両の眼にはいつの間にか融けるような潤みが宿って、執拗に伊助の肢体を見下ろしている。

「ねえ…庄ちゃん」

 腹を、内側から食い破られるような突き上げに息を乱しながら、合間に何とか呼びかける。伊助を抉る事に執心しながら上の空であったが、何、と庄左ヱ門はしっかりした声で応えた。彼は伊助が呼びかけて無視をした事がない。

「どうしたの?」
「…」
「伊助、」
「…今度いつ逢えるかなあ」

 庄左ヱ門は無言で伊助の身体を抉ることを続けた。緩急をつけて、伊助の腹の内側を、指で弄ると反応を見せる場所を狙って先端をこすり付けるように動く。時折焦らされ、しかし徐々に追い上げられながら、伊助は苦しかった。焦燥していた。腰が浮き上がるような快楽。庄ちゃんは時々とても意地悪だ。さっきから全然前を触ってくれない。直接の刺激さえあれば、すぐにでも爆ぜられるのに。本能と欲望は最も手っ取り早い手段を知っているが故にそれを求める。ここまで来たら握り締めて擦って、中の庄左ヱ門を締め上げながら、さっさと達してしまいたい。無意味にも関わらず虚しく腕が暴れる。
 矢張り直接の刺激がなくては。というか、何でもいいから、もう、触れてほしい。名前を呼ぶ。

「庄ちゃん、…庄左ヱ門、好きだよ」

 呼んだ名は男を追い上げた。何度か激しく擦り上げて、最後に一際強く突き上げた最奥で、庄左ヱ門が果てる。すぐには分からないが自分を抱きしめたまま僅かに呻いた庄左ヱ門の様子と、腹の中に、じわじわと染み広がるような温もりの気配に察する。伊助は庄左ヱ門の射精を受け入れながら、ひとつの予感に無言で息を詰めた。覚えのある感覚が腰の辺りからせり上がってくる。あんなに望んでいた衝動を伊助は必死に堪えようとした。しかし耐えられなかった。腹の中に吐き出されたものは逃げる場所も無く伊助の体内に容赦なくぬくもりを拡げて、緩慢な筈のその刺激に、伊助は身震いをして―――そのまま精を吐いた。腹の上に吐精され庄左ヱ門がその満足と幸福に目を細めた。
 黴臭い納屋の隅っこで、カア、と鴉が一羽鳴くのを耳にして、ああ…、と伊助は疲れたように嘆息した。日が暮れてしまう。今度はいつ逢えるのという問いに確実な答えを返してくれない庄左ヱ門の律儀さが愛おしく、そして憎かった。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[06/22 すがわら]
[06/22 すがわら]
[06/22 muryan]
[06/22 muryan]

最新記事

(04/04)
(09/07)
(08/30)
(08/24)
(08/23)

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © よいこわるいこふつうのこ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]