忍者ブログ

よいこわるいこふつうのこ

にんじゃなんじゃもんじゃ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

伊賀崎孫兵はなびかない

ありえない忍者シリーズその2。
竹谷と孫兵の虫獣遁。


追っ手を撒きながらようよう逃げ込んだ廃寺は、山の湿気にやられて木が腐りかけた粗末な場所だった。竹谷を先頭に中に入れば、彼が用心して強く踏み叩いた床板が音もなく抜け落ちる有様。背中から後に続く孫兵が覗き込んだ。
「腐ってやがる」
「この湿気では仕方ないですね。先輩、階段で休みますか」
「それがいいな」
ふたりは頷くとお堂へ続く石造りの階段に腰を下ろした。少し離れた場所でふたりの様子を伺っていた金売り吉佐が、悲壮な表情で「これからどうするんです!?」と呟いた。追っ手の数は、ざっと100余名。いくらふたりが優秀な忍者のたまごだからといって、戦える数ではない。とにかく、村人全員が彼らの敵なのだ。女子どもとて油断は出来ない。この山も、村の管轄だろう。あちらのほうが地理から気候からすべて心得ているはずだ。
階段に腰を下ろして、雨にぐっしょりと濡れた装束の上着を脱いで絞りながら、
「逃げる」
と竹谷は呟いた。
「に、にに逃げる!?どうやって!ふもとはあいつらの村です、かといってこんな夜中に山を越えるなんて無茶だ。自棄になってるんじゃないでしょうね!」
「黙れ下郎!もとはといえばお前が招いた事態だろう。私たちを勝手に清水の屋敷に売りおって!お前なぞここで捨てて帰ってもいいのだぞ」
怒鳴りつけたのは孫兵だった。彼の首に巻かれた赤い鱗の毒蛇が、威嚇するようにこちらを見て大きな口を開ける。その鋭い牙を認めて、吉佐はううん、と唸ったきり押し黙った。
竹谷は欄干に絞った上着を干すと、手ぬぐいで身体を拭った。引き締まった筋肉を纏った上半身に、懐から取り出した塗り薬を全身に擦り付けていく。吉佐は、はてこの男は一体怪我をしたわけでもないのに何をするつもりなのかと訝しげに竹谷を見つめている。孫兵は心得た様子で竹谷から薬を受け取ると、彼の背中に塗りつけていった。
「山に追い詰めてくれたのは幸運だった」
「ええ、そうですね」
「ここは、生き物たちの宝庫だ」
金売り吉佐は、周囲にはたはたと羽虫たちが集まっているのを見た。蝶やら、蛾やら、大きいものから小さいものまで、それらは竹谷の周りに集うようにして飛び回っている。ひい、と吉佐が身を竦めると、竹谷は残りの塗り薬を彼に放って寄越した。
「それを塗れ。全身に塗っておけ。そいつらは、服の上からでも刺すからな。燐粉に触れただけでひとく爛れるものもあるぞ」
「こいつらはなんなんです」
「何って、虫さ」
さて、と竹谷が立ち上がった。ぴい、と指笛を鳴らすと、どこからともなく、大きな野犬やら鹿やらが木々の間から現れ出て、吉佐は今度こそ腰が抜けた。周囲を見渡せば、いつの間にやら色んな動物やら昆虫たちやらが竹谷のもとに集まり始めているのである。ぐるり、と獣たちに取り囲まれて、吉佐は泣きながら薬を塗りつける。ツンと鼻につく何かの植物の匂いが、ひどく目に染みる。これが虫の毒に効くのだろうか。使い切ってから、孫兵を見上げると、
「私はいい」
と落ち着いた声音で返された。吉佐を見る目が虫を見るようなものなのに、ひどく屈辱を覚える。
「なぜです」
「なぜ?・・・耐性があるからさ、可愛いこの子達の毒に」
孫兵が手を伸ばす。そこに、しゅるしゅると毒蛇が巻き付いて行く。毒蜘蛛が身体を這う。人にしては随分と白く体温の低い膚は、危険な虫たちをはべらせてなお、不思議に美しかった。

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[06/22 すがわら]
[06/22 すがわら]
[06/22 muryan]
[06/22 muryan]

最新記事

(04/04)
(09/07)
(08/30)
(08/24)
(08/23)

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © よいこわるいこふつうのこ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]