忍者ブログ

よいこわるいこふつうのこ

にんじゃなんじゃもんじゃ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

うつくしい人

ボーナスでたので、日頃のストレス発散に友達と散財しまくってたら思いついた話。

仙様女体化で文次郎といい感じ。・・・なのか?


ひらりと目の前で赤いワンピースの裾が翻った。シンプルな形のサマードレスだが、真っ赤な花のテキスタイルが目に眩しい。それは、仙蔵の背中に流した艶やかな黒髪と相まって、よく映えた。
「どうだ、文次郞」
試着室のカーテンを開けた仙蔵は、ひらりとワンピースの裾を揺らしてみせると、開口一番そういった。美しい顔には、余裕ぶった笑みが見える。「どうだ、似合うだろう?」とでも言いたげなその表情は、質問というよりは確認だ。仙蔵は、己が美しいことをよく知っている。そして、美しい己しか他人に見せない。だから、ただの試着であろうと、仙蔵が試着する商品を選び取ったときから、それは仙蔵によく似合っているに決まっているのだ。似合わないものを、仙蔵は絶対に試着して見せようとはしない。文次郎は、仙蔵のそういう隙のなさが苦手だ。大嫌いだといっていい。仙蔵は、世の中の何もかも、己の掌の上で転がそうとする。仙蔵は自分の意にそぐわないものや、自分の予想の範囲外のものが大嫌いなのだ。(だから、仙蔵にいつも斜め上のとんでもないトラブルを運んでくる厳禁コンビは、仙蔵にとってもはやアレルゲンといっていい。仙蔵が彼らを見つけたときの拒否反応といったら凄い。文次郎はいつも、それを見るたび胸が空くような思いがする)
文次郎は、絶対にこいつの恋人にはなりたくねえな、と思う。いつも思っている。仙蔵の恋人になるということは、仙蔵に首輪をつけられるのと同義だ。つまり、この陰険サディストの飼い犬になるということだ。それはよほどのマゾヒスト以外堪えられるまい。
「ああ、いいんじゃないか」
「さっきの青いワンピースとどっちがいい」
「んなもん、どっちでもいいさ」
お前の好きにしたらいいよ。文次郞は興味なさげに言い捨てる。お愛想笑いというよりは、仙蔵の美貌にすっかり夢中になっているらしい若い店員が、「お客様、どっちも本当にお似合いですっ!!」と横から妙に力説する。仙蔵は文次郞の脚を、パンプスを履いた脚でぐりぐりと踏みつける。
「どちらがよい、文次郞」
「あ・・・青のほうが・・・っましだった・・・!」
「なるほど。よかろう、それでは赤いほうをいただこうかな」
仙蔵は笑顔で店員を振り返る。ならきくんじゃねえよ、と文次郎は思うが、口に出すとまたパンプスが襲ってくるのだろう、黙って表情だけで悪態をついている。
仙蔵とショッピングというのも薄ら寒い話だ。買い物なんて女友達と行けよ、と文次郎は思う。実際、仙蔵が「お前、今日一日私の荷物持ちをしろ」という最低な誘い方で文次郞に声をかけてきたとき、そうやって断った。ところが仙蔵は、「うるさい、黙って付き合え」と高飛車な返事を返すばかり。文次郎が、いやだいやだとごねていると、仕舞いには拳やら蹴りやらが飛んでくる始末で、結局、暴力に負けて文次郎は荷物持ちをしている。
「やはりお前のアドバイスは参考になるな」
「なにがだ、ことごとく俺が指したのとは逆のものを選んでいくくせに」
文次郎のもっともな苦情を、仙蔵は妖艶な笑みで交わす。
「文次郞、私はきれいだと思うか」
「思うかもなにも、綺麗なんだろ。自分でそうしてるくせに、俺に聞くな」
「ふむ、質問を変えよう。では、お前の好みのタイプはなんだ」
「少なくともお前みたいなやつじゃない」
「はて、それはどういうやつだろう。・・・例えば、小平太」
「なんだと、馬鹿をいうんじゃねえ!恐ろしいやつと俺を組ませるなっ!」
ロマンチストのきらいがある文次郎は、部活帰りに牛丼3杯を平らげ、制服のスカートの下にジャージをはいてがはがはと大口開けて笑う小平太を、女として認めていない。だが、仙蔵は知っている。小平太が、彼女と恋仲にある長次の前では、はにかみやでしゅんと大人しくなることを。文次郎が鈍感でどうしようもない単純な男のだけなのだ。文次郎はことごとくセンスがなくて趣味が悪い。それは、彼は人に似合うものではなく、自分の好きなもので服を考えているからだ。
仙蔵は自分が青いドレスを着たときの姿を思い出して、ぞっとする。ただでさえ色の白い仙蔵が、真っ青なドレスを合わせるなど、顔色が悪く見えて仕方がない。最悪の組み合わせだ。青が似合うのは、本当は、
「お前が選んだあの青いドレス、伊作に似合いそうだったな。なあ、そうはおもわんか」
「知るか!そんなことなぜ俺にきく!」
文次郞は真っ赤になり、口から泡をふかんとばかりあわてふためく。滑稽なものだ。仙蔵は微笑む。
「知らん、何となくだ」
「何となくでそんなこというな」
「せっかく似合うのだし、買っていってやろうかな。なあ、文次郞、どう思う」
「知らん、好きにしろ」
「では、さきほどの店へ戻るぞ」
「面倒くさいものだ。服一着に行ったり来たりと」
「文次郎、あの青いドレス・・・お前が金を出せよ」
「はあっ!?お前が買おうといったのだろうが!」
「伊作に似合うと言ったのはお前だ」
「俺じゃねえお前だ!お前が勝手に言ったんだろうが!!」
通り過ぎる人たちが賑わしい男女連れを振り返っていく。
「恥ずかしいやつだな、文次郎、少しは黙れないのか」
「怒らせてるのはおまえだっ!」
ずんずんと元来た道を、店のほうへと引き返す文次郞の背中に、仙蔵は苦笑を向ける。お前の趣味を私に合わせるなよ、似合うわけなかろうが。お前はいつだってなんだって伊作に会うものばかり見わけようとする。
「だから、私からしたらお前のセンスが最悪なのは仕方のないことだな、文次郞?」

このサイトCPとかあんまり決まってません。申し訳ないです。

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[06/22 すがわら]
[06/22 すがわら]
[06/22 muryan]
[06/22 muryan]

最新記事

(04/04)
(09/07)
(08/30)
(08/24)
(08/23)

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © よいこわるいこふつうのこ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]