忍者ブログ

よいこわるいこふつうのこ

にんじゃなんじゃもんじゃ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

虫愛ずる姫君

拍手で女体化に賛同してくださったかた、ありがとうございますー!

そんなわけで生物委員女体化(竹谷、孫兵)。

街の噴水に儚げな美少女がひとり、腰掛けている。
黒いレースの日傘を差してほっそりとしたミルク色の肌を強い太陽光から隠している。薄い綿地のワンピースが涼しげだ。少し俯いた顔が憂鬱げで、物思いに耽った様子がひどく同情を誘う。
そんな様子だから、先ほどから彼女はひっきりなしに見知らぬ男性に声をかけられている。
「誰か待ってるの」「どうしたの、何か困ってるの」
少女は黙して何も語らない。ただ、一度、強面の男性に無理に腕を引かれたことがあった。
「やめてください、こまります」
少女の懇願も無視して、無理に攫おうとする。
「やめてください。本当に・・・あなた、怪我をしますよ」
少女の言葉に、男が胡乱な瞳を向けた。そうして、悲鳴をあげた。いつの間にやら、少女の足元に、肩に、蜂やら蛇やら蠍やらといった毒虫たちが集まってきているのだった。それはまるで少女を守ろうとしているかのようだった。男が慌てて逃げていってしまうと、少女はまた、溜息をついて、噴水に腰掛ける。
やがて、ひとりの少女がその少女の前に現われた。こちらは日に焼けて色が黒く、ごわごわと強そうな髪をポニーテールにしている。
「孫兵、泣いてないか?」
「竹谷先輩」
儚げな少女ははらはらと涙を流した。「ジュンコが逃げちゃったんです・・・!」
「うん、はやく探さなくちゃな!」
「どこかで怖い目にあったりしていないかしら」
孫兵と呼ばれた少女はきゅっと竹谷のセーラー服の裾を握った。竹谷は孫兵を抱き締めて
「泣くな、孫兵。あたしがすぐに探し出してやるから」
とあやした。その異様な光景を、通りすがりの人たちは少し遠巻きに見守っている。

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[06/22 すがわら]
[06/22 すがわら]
[06/22 muryan]
[06/22 muryan]

最新記事

(04/04)
(09/07)
(08/30)
(08/24)
(08/23)

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © よいこわるいこふつうのこ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]