忍者ブログ

よいこわるいこふつうのこ

にんじゃなんじゃもんじゃ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恋は夕暮れ

拍手ありがとうございます!「耳をすませば」に、なんか似たようなシーンがあったような気がする。


現パロ、女体化。


「えっ、そんな、俺困るよ!」
伊助は、虎若はきっと喜ぶと思って差し出した手紙を困惑気に拒否されて、瞳を瞬かせた。ラブレターだなんていまどき古風だけれど、その古風がきっと虎若にはたまらないだろうって、女子みんなで話し合って三治朗に書かせたものだ。今回の三治朗の告白に一番積極的に協力したのは伊助で、彼女は小学校から特別仲がよかった虎若の好みを積極的に教えたし、この手紙のためにわざわざ一番可愛いレターセットも買ってきた。そのレターセットはいつだったかに伊助が虎若への手紙を書くのに使ったもので(誕生日プレゼントにつけた手紙だったろうか、はっきりとしたことは覚えてない)、カントリーの落ち着いた風合いのもので、虎若が「品がいいね」と褒めたものだ。虎若が気に入ってた柄だよって三治朗に手渡したら、三治郎は、なぜだろう、少し困ったような顔で、「私が出しても同じように気に入ってくれるかな」などというから、伊助は小首を傾げて、「こういう柄に、三治朗の字ってすごく合うと思うよ。気に入らなかったら、もちろん、使う必要はないんだけど」伊助が遠慮を始めたら、三治郎は慌てて「ううん、使う、ありがとう」と笑ってそれを受け取った。
自分で手渡すのはどうしても嫌だと言ったから、机の引き出しに入れる法を兵太夫が提案したら、なぜだか「伊助が渡してきて!」と頼まれた。断ったのに、三治朗にしては頑固に頼んでくるから、どうしても断りきらなくて、仕方無しに頷いた。三治郎は可憐っていう言葉がよく似合う。優しいし、可愛らしいし、虎若にお似合いだ。きっと上手く行くと思ってたのに、虎若は困った顔している。
「それ、三治朗からのものなんだろう?」
「うん。三治朗が勇気を出して書いたんだよ。三治朗、ずっと虎若が好きだったんだって。優しいし、努力家だし、かっこいいしって。三治朗、見る目あるよ。私虎若の一番の友達だから、虎若には幸せでいて欲しいんだよね」
「だから三治朗、なんだ…?」
虎若は途方に暮れている。「悪いけど、俺、それ受け取れない。三治朗には悪いけど」
こんな展開考えていなかった。伊助は顔を青くする。三治朗になんて言ったらいいんだろう!
「だ、駄目だよ虎若!受け取らなきゃ駄目!三治朗がかわいそう!」
虎若の学生服の胸にぎゅうぎゅうと手紙を押し付ける。虎若は決してそれを受け取ろうととしない。
「好きでもないのに受け取るほうが卑怯で残酷だよ。とにかく、俺はそれは受け取れない。ごめん」
深く頭を下げられて、伊助のほうが困惑してしまう。
「どうして。三治朗って優しくてすごくいい子だよ。可愛いし、お似合いだと思うのに」
しょんぼりした伊助に、虎若は絞り出すような声で告げる。
「うん、三治郎はすごく可愛いよ。いいやつだし、俺も大好きだよ。でも俺、もっと可愛いと思う子がいるんだ。すごく好きで、幸せにしてあげたいなあって思う子がいるんだ」
「誰かきいてもいい?」
迷子のような気持ちで尋ねたら、虎若は口を開きかけて、だがどんな言葉を吐くより先に「…駄目だ、今は言わない」と視線を逸らした。
「なんで?」
神社の境内は、周囲の木々が陰になって、ひどく冷える。伊助はぶるりと身震いした。ぽとり、と言の葉が足元に落とされる。
「きっと伊助は困るから」


伊助が虎若を追いかけて教室をでてすぐ、兵太夫はきっと上手くいくよと両手ピースで笑ってくれた。三治郎はそれに微笑み返して、「ううん、絶対上手くいかないよ」とわざと軽く返した。兵太夫が眉を潜める。三治郎はもう一度微笑みかけた。
「虎若が好きなのは伊助だもん」
「は!?」
兵太夫の葡萄みたいに大きな目が見開かれる。あんぐりと大きく空けた口が、面白い。それに笑おうとして、三治郎は口元を釣り上げたが、なんだか頬の筋肉が引き攣って歪んでしまった。覚悟ならとっくの昔に決めたはずだが、引き摺らせてもらうなら、辛いものはやっぱり辛い。
「やだなあ、兵ちゃん、私虎若のこと本気だったんだよ。ずっと見てたんだもん、わかるよ」
「知ってて、伊助に自分のラブレター預けたの?」
「ラブレターじゃないよ、中身。伊助が好きなのに私からラブレター貰ったら、虎若が困っちゃうじゃない。くだらないことかいて終わらせちゃった。今頃虎若がいーちゃんに告白して、は組からカップルが誕生してる頃かもね」
兵太夫のかたちのいい眉がへにゃり、と奇妙に歪む。泣きそうな表情になった。
「虎若サイテー。伊助もサイテー」
「兵ちゃん、いくら兵ちゃんでも私の大切な友達ふたりをひどく言ったら絶交だからね」
ぼろ、と兵太夫の瞳から大粒の涙が零れた。ひくっ、と咽喉が鳴る。
「ばか、さんじろー!なんで私を泣かせるの!?今日睫プルーフじゃないのに、化粧はげたら三治朗のせいだからね」
「うん、ごめんね」
三治朗が笑っている。ばかだ、ばか。誰が馬鹿なのかは兵太夫にもわからない。誰も馬鹿じゃない、だから、こんなにもどかしくてどうしようもなく悲しい。なんでだ、みんながちょっとだけ幸せになりたいと思ってるだけなのに、何でこうなっちゃうかなあ?世の中って上手くいかない。ばかやろうは世の中だ。こんなふうに仕組んだ神様かなんかだ。ばかやろう、ばかやろう。
「コンビニ寄って馬鹿買いしよ。今日はさんじろーんチ泊まりにいく。一晩中美味いもん食って好きな音楽聴いて面白い映画見て楽しい話して、そんで忘れよ」
「うん。うん、そうだね」
すん、と三治朗の鼻が鳴るのを、兵太夫は聴こえないふりをして夕陽にきらきら輝く川面だけをにらんでずっと歩いた。前へ、前へ。

***

やべ、女体化楽しい。

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[06/22 すがわら]
[06/22 すがわら]
[06/22 muryan]
[06/22 muryan]

最新記事

(04/04)
(09/07)
(08/30)
(08/24)
(08/23)

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © よいこわるいこふつうのこ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]