忍者ブログ

よいこわるいこふつうのこ

にんじゃなんじゃもんじゃ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ダブルデートはプールで決まりなのだあ~の段

我慢できずやった。女体化。あほ。

「夏のデートスポットつったらプールだろ」
との三郎の一言でダブルデートの目的地は大型プール施設に決まった。決まったとたん雷蔵とタカ丸は落ちつかなげにそわそわして「水着どうしよう」とか「うひーん、ダイエットしなきゃ」とごにょごにょ囁きあっている。山を主張していた久々知は黙ったままだった。三郎が横から覗き込む。
「何を考えてる?」
「いや、別に何も」
「隠すなよ。三郎様グッジョブとか考えてるんだろ?自重しなくていいぜ」
「誰がそんなこと」
「タカ丸さんの水着姿。」
「・・・」
「三郎様GJ!って三回唱えろよ」
「死んでしまえ」
「楽しもうぜ、ひと夏のアヴァンチュ~ル」
ぽんぽんと三郎が久々知の方を叩いたところで、隣から、タカ丸がそっと久々知の袖口を引いた。
「ねえ、兵助、次の日曜に雷蔵と水着買いに行くことになったんだけど、」
「うん」
「どんなのがいい?」
首を傾げて雷蔵を覗き込むタカ丸の笑顔がまぶしすぎる。久々知はどう答えていいものか迷った。返事につまると、すかさず三郎が久々知の声音を真似て、
「黒のハイレグ。」
と言葉を挟む。「え?」キョトンとしたタカ丸に、久々知は怒りを露にし、三郎を殴りつけた。
「お前は黙ってろ!」
「兵助はパレオみたいな清楚系が好きっすよ」
「タカ丸さん、信じなくていいから!」
ぎゃいぎゃいと騒がしい男たちの横で、雷蔵は落ち着いて注文したアイスティーを飲んでいる。
「雷蔵は何着るの?」
タカ丸が訊ねると、雷蔵はにっこり笑って
「スクール水着」
と答えた。これに驚いたのは三郎で、「えっ!?」と動きを止めてまじまじと雷蔵を見つめる。
「三郎の趣味なの」
「雷蔵、俺そんなことひとことも言ってないぞ!」
「・・・私、店内で暴れる男の人って嫌い」
途端に大人しくなる三郎に苦笑したふたりだった。

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[06/22 すがわら]
[06/22 すがわら]
[06/22 muryan]
[06/22 muryan]

最新記事

(04/04)
(09/07)
(08/30)
(08/24)
(08/23)

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © よいこわるいこふつうのこ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]