忍者ブログ

よいこわるいこふつうのこ

にんじゃなんじゃもんじゃ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おうちへ帰ろう

は組で現パロ女体化(三治朗、伊助、兵太夫、喜三太)。



「ありえない、」
と兵太夫は朝からぼってりした唇を突き出してふくれてばかりいる。
三治朗は兵太夫が塗ってくれるというので、長年のピアノ経験が滲み出たすらりとした細長い指先をそろえて彼女に差し出している。兵太夫は目を細めてせつせつと三治朗の爪に色を落とす。ほんのり、薄淡い桜色のネイルだった。
「綺麗な色だね」
三治郎はむっつりと仏頂面を崩しもしない兵太夫の気を、何とかそらそうと試みる。だてに永年彼女の親友をやっていないのだ、すぐに兵太夫は満面の笑みを浮かべた。
「だっしょー。昨日見つけてさ、絶対三ちゃんに似合うと思って。プレゼントだよ」
んふふ、と笑って、三治朗のほうにネイルの小瓶を寄越す。三治朗が微笑む。三治郎は笑うときに少し小首を傾げる癖があって、だから、笑うと豊かな髪がふんわり揺れて、微かにシャンプーの匂いが漂った。
「ありがとう、兵ちゃん、今度お礼するね」
「お礼なんていいよ、またいいの見つけたら教えるね」
三治朗との会話で俄かに機嫌が直っても、すぐにまた、むすっとした表情に戻ってしまう。膨れっ面の視線の先に団蔵がいることに気がついて三治郎は苦笑した。
「どしたの、兵ちゃん。団蔵と何かあった?」
「アイツ、サイッテー。絶対女にモテない」
むろん、そんなことはないと三治朗も兵太夫もわかってはいる。団蔵は明るいしリーダーシップがあるし、顔も悪くないから、学年問わず人気者だ。昨日も朝から女の子に告白されているところをは組メンバーに見られて、バツが悪いとぼやいていた。兵太夫は、手元に広げているファッション雑誌の、モノクロ記事を指差した。スクエアにカットされたネイルは艶やかなパープルが施され、黒い蝶と金のラメが散っている。
「…"デキ女・モテ女であるための、10のテクニック"…?」
「ちょっとこれ読んでみてよ。デキ女・モテ女は、料理好き、掃除好き…。古典ン時、これ読んでたの。したら団蔵のやつが横から覗いてきてさ、”へー、全部お前と違うじゃん”って。ブッ殺すぞアイツ」
「はは・・・」
三治郎はする苦笑するほかない。しょせんこんなものは、今流行っているドラマとのタイアップのための企画だ、真面目に捉えるものでもない。そんなことは普段の兵太夫なら充分わかっているはずなのに、今更ながら子どものように喚いているのは、ひとえに団蔵への想いゆえか。しかも、本人が気がついていないあたりが性質が悪い。
「気にすることないよ、団蔵が、こういう女の子が好みなだけでしょう。家庭的な女の子」
「げえ~、ふっるい男ォ!」
「ん~」
三治郎はやはり苦笑だ。
「家庭的ったら、やっぱ伊助かねえ・・・」
「どうかなあ、伊助はもうあれが趣味だしねえ」
ふたりでぼやいていたら、ちょうど伊助が戻って来た。
「あれ、ふたりともまだ帰ってなかったの?」
ひとつの机を挟んで向かい合ってダベるふたりに声をかけて、彼女は真っ直ぐ窓辺へ向かった。沈みゆく夕日の眩しさを遮断するためにひかれたままのカーテンをシャッと開ける。大きくグランドに向けて手を振った。
「虎ちゃ~ん、練習お疲れー。洗ったユニフォーム部室にあるからねー!」
がたん、と大きな音を立てて慌てて三治朗が椅子から立ち上がった。
「お、疲れ様っ、虎若!今練習終わったの?」
「おー、三治朗、まだ帰ってなかったの?」
「う、うん」
おーおー、真っ赤なほっぺたしちゃって。兵太夫は赤く染まった三治朗の頬や首筋やらを見て瞳を細める。小学校のときからの片思いだというから年季が入っている。虎若は野球部のエースで、容姿でいったら団蔵や金吾のような目だった華やかさはないけれど、とにかく真っ直ぐで人が良かった。三治朗の想いを知ったときはつくづく見る目があると感心したものだ。
「じゃあ、一緒に帰るー?暗くなるの早いし、危ないから俺、送ってくけどー」
「えっ、えっ、えっ…?」
幸運に慌てふためく三治朗に兵太夫はスクールバッグを渡してやる。「やったね、ラッキーじゃん。送ってもらいな」「え、でも、」「いーって、私はひとりで帰るから。ほらほら、行った行った」「うん、ごめんね、兵ちゃん」背中を押され、パタパタと校内サンダルの音を響かせて、三治朗が駆けてゆく。セーラーの襟が控えめにはためいて、そんなところまで女の子らしくて可愛い。兵太夫はその背中を見えなくなるまで見送ったところで、パクンと携帯を取り出して、三治朗宛にガンバレメールを送った。
窓越しに虎若の声が背中を叩く。
「伊助え、伊助も送ってくよ」
「ううん、私は委員会の仕事あるからもうちょっと残ってくー。虎若、三ちゃんよろしくねー」
「おう!」
兵太夫が振り返ったら、伊助が苦笑してこちらを見ていた。
「へへへ、人の恋路を邪魔するやつは団蔵に蹴られてなんとやらってねー」
「伊助三ちゃんの気持ち知ってるの?」
「だって、三ちゃん見ててわかりやすいんだもん」
困ったように笑って、横でひとつに纏めていた髪を、ふわりと解く。伊助は普段特に飾ることをしない。もともと地味な容姿だから、そうすると本当に目立たなくなる。それでも時々ふとした仕草に匂うような艶っぽさがあった。今だって、そうだ。兵太夫は息を呑んで、「ずっと髪おろしてればいいのに。そっちのほうが似合うよ」とアドヴァイスする。伊助は「ありがと」と軽くいなして、それで終わりだ。
「おしゃれとか、興味ない?」
「ないわけじゃないけど・・・そうだ、兵太夫、今度服見て貰ってもいい?」
「え、私服?いいよ。勝負服?なーんて」
冗談めかして笑おうとしたら、伊助はぽりぽりと首筋をかいてはにかんでいた。
「うは、マジで!?相手誰?庄ちゃん!?」
「もーなんで庄ちゃんがすぐでるかなあ!?」
伊助の顔は熟れた苺のように真っ赤だ。
「うはー、いいね、その顔!興奮するッ!!」
兵太夫がはしゃいで抱きつけば、「ちょっと、ちょっと、兵太夫オヤジくさいぞー!」伊助が声をあげて笑う。ぎゃいぎゃいと騒いでいたら、生真面目な顔をした庄左ヱ門が教室を覗いた。
「ふたりとも、そろそろ下校しなきゃ駄目だよ。僕ももう帰るし」
「あ、うん」
伊助はすんなり頷いて、それから、庄左ヱ門に向き合った。
「庄ちゃん、ねえ、兵太夫が帰りひとりみたいなんだ。方向同じでしょう、送ったげて」
「えー、いいよいいよ、私ひとりで帰れるから!」
思わぬ成り行きに兵太夫は慌てて拒否するが、庄左ヱ門はやはり真面目に頷いて、兵太夫の鞄を取り上げた。
「うん、わかった。一番重い荷物どれ、持つよ」
「ぎゃー、ほんといいって!庄ちゃんは伊助送ってってあげなヨ!」
「いやいや、私たち家反対方向だし」
伊助はひらひらと掌を振ると、少し慌てたように教室から出て行ってしまう。「ばいばーい、ふたりとも。また明日ねー!」
残された兵太夫は机の上に残された雑誌を見て、ふう、と溜息をついた。
「ふたりとも付き合ってるんじゃないの?」
「ふたりって、誰と誰?」
庄左ヱ門が不思議そうに首を捻る。あれ、と兵太夫まで首を傾げて、「は組ってさあ、仲良すぎするのがたまに瑕だよねえ」としみじみ呟いた。

一方の伊助は、ひとりで帰るつもりで昇降口で靴を帰っていたが、そこによっこいせ、と喜三太を負ぶった金吾を見つけて目を丸くした。
「わ、どーしたの金吾」
「わかんない。今日体育ではしゃいでたし、疲れて寝ちゃったんじゃない?剣道部の部室で眠り込んでたから、背負ってきた」
「お疲れ様です」
「まあ、慣れっこだし」
金吾は微笑んで、喜三太のぶんの荷物を持とうと手を出した伊助に一番軽い荷物を預けた。
「伊助、ひとり?送ってくよ」
「ありがと」
空に黄金の一筋がわずかに残るだけになった頃、眠りこける喜三太を負ぶった金吾と、その隣を歩く小柄な伊助の姿がバス停に向かって消えていった。



まだだれもくっついてない、みんな仲良しだから困るは組。ほとんど台詞だったけど、書いていたら案外楽しかったのでまた書くかもしれない。










PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新コメント

[06/22 すがわら]
[06/22 すがわら]
[06/22 muryan]
[06/22 muryan]

最新記事

(04/04)
(09/07)
(08/30)
(08/24)
(08/23)

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © よいこわるいこふつうのこ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]