忍者ブログ

よいこわるいこふつうのこ

にんじゃなんじゃもんじゃ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

終わってはじまるプロローグ

現パロ。へーすけとたかまる。


寮で一番不可解で厄介な規則といえば、携帯電話の使用が一切禁止されていることだろう。このご時勢に、それはあまりにもあんまりだ。近頃寮の使用者が、存続を危ぶむほどにめっきり少なくなっているのは、ひとえにこの規則の存在が要因になっているのだと、寮生たちは口をそろえて言う。教師陣に文句を行ってみても、誰もが「それは確かになァ」と苦笑いで同情してくれる。だが、何度学園長に掛け合ってみてもいっこうに規則改定は行なわれない。横暴だ、職務怠慢だ、ワンマンだ、独裁政治だ、ファシズムだと罵り声を上げても、学園長のお気に入りの汚い柴犬”ヘムヘム”が、どことなく意地の汚い鳴き方で、かわいそうな寮生たちを嘲笑うだけだ。そんなわけで、寮生が電話をしたいときには、休憩室の廊下に並ぶ公衆電話を使うしかない。しかもきっちり10円を請求するのだから性質が悪い、強欲だ。
久々知兵助がその男を見かけたのは、今はもうほとんど使うもののないテレフォンコーナーの一角だった。立ち並ぶ緑色の大きな電話器に向かって、すらりとした長身が、項垂れている。ぼそぼそと、潜めた声。アシンメトリーな、多分にファッション性の高い独特の髪型に、金髪。編入生として全校集会でタカ丸が紹介されたとき、まことしやかに、「学園長、よくあんなの入れたなあ」と囁かれたものだ。どう見ても校則違反の彼は、しかし、見過ごされているのか、咎められても反抗しているのか、ともかく変化のないままだ。派手めな容姿をしているくせに、変なところで律儀なのは、例えばこうしてきちんと公衆電話を使ってしまうところだろう。寮生は、誰もがこっそり携帯電話を持ち込んで、使っている。むろん、兵助も持っている。部屋の、鍵つきの引き出しに入れてある。携帯電話というのに持ち歩けないのが不便だが、まあ、部屋で電話が出来るのは助かる。この年になれば誰にも聞かれたくない電話だってする。
公衆電話の10円は、すぐに切れる。入学当初は兵助だって律儀に使っていたのだからそれくらい知っている。タカ丸は、大きな掌で10円玉を幾つも包んで、こまめに継ぎ足しては会話を続けている。
「うん、・・・そうだね、そう。あはは、うん、それはわかってるよ」
笑う表情は、苦笑に近く、穏やかな声の割りに華やかさがない。兵助はなんだか不穏に思ってしまって、思わず彼のほうへ歩み寄っていた。
「うん、うん、大丈夫。なんも心配ないよ、ありがと」
何となく、電話の相手は年上かと知れた。話の内容というより、声が、甘えていた。このひと甘えると掠れたようなふうになるんだなあ、とぼんやり兵助は思う。隣で立ち尽くしていたら、タカ丸が兵助の肩を叩いて、ごめん、と、それから10円玉頂戴のジェスチャーをした。兵助はすっかり慌てて、さっき風呂場の自販機で受け取ってきた釣り銭をパジャマ代わりのジャージの尻ポケットからそのままつかみ出す。タカ丸の前でその掌を開いたら、タカ丸は長い指で、10円玉を一枚掴んだ。
「あ、ねえ、優ちゃん、ちょっと待って!」
タカ丸は切羽詰った声をあげると、そのまま声を低く低く抑えた。
「優ちゃん、まだしっかり言ってなかったから、その・・・結婚おめでとう。結婚式行けなくてごめんなさい、またおめでたい話しあったら教えてね、そんときは俺、今回の分も合わせてめちゃくちゃ盛大にお祝いするつもりでいるから。…えー、次来るおめでたい話って言ったらアレしかないじゃん。あー、ははは。ともかくおめでとう、俺、ほんとにおめでとうって思ってるからね。やだなあ、そこで謝らないでよ、俺かっこ悪いじゃん。じゃあねー、優ちゃん、お幸せにね。うん、…ばいばい」
ばいばいと言ってから、しばらく、タカ丸は受話器を握ったままただ黙って立っていた。向こうでプチと電話を切る気配がして、それからようやく振り切るように重たい緑色の受話器を置いた。
「ごめんねー、独占しちゃってて。次どうぞ」
「いえ、別に、使うわけではないんですけど」
「あれ、そうか、使うんだったら隣とか使ってるよねえ」
笑うタカ丸に兵助はぽり、と首筋をかく。
「10円・・・」
「あ、ごめん!さっきはありがと。今千円しかないからどっかで崩してくるよ、待ってて」
「いえ、いいんですけど、あの、携帯もったらどうですか」
「でもここ、携帯禁止なんでしょう」
「みんな持ってますよ、内緒で」
「えー、そうだったんだ」
タカ丸の瞳がぱちりぱちりと大きく瞬きする。いわゆるギャル男のような風貌で、そのくせ仕草はやけに子どもっぽいところがあるのだな、と兵助は観察する。謎の編入生には、他の生徒同様兵助にもそれなりの興味はある。
「ここくる時うちにおいてきちゃったよ。おかげで恥ずかしい会話聞かれちゃった」
兵助を見て、はにかむ。兵助はいまいち言わんとしている事がわからなく、はあ?と曖昧に頷いただけだった。タカ丸はバツの悪そうな表情で、告白する。
「失恋電話だったんだよねえ、今の」
「は、は、あ…?」
話の流れについていけない兵助の肩に手をおいて、深く項垂れる。
「と、いうわけで、ひとりで泣いていい場所教えてください~」
言葉の最後は啜り泣きですでに潰れてしまっていた。兵助は大きな瞳を瞬かせながらも、ようよう、
「じゃあ、俺ン部屋でも、来ますか?」
呟いていた。

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[06/22 すがわら]
[06/22 すがわら]
[06/22 muryan]
[06/22 muryan]

最新記事

(04/04)
(09/07)
(08/30)
(08/24)
(08/23)

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © よいこわるいこふつうのこ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]