忍者ブログ

よいこわるいこふつうのこ

にんじゃなんじゃもんじゃ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

接吻

手の上なら尊敬のキス。
額の上なら友情のキス。
頬の上なら満足感のキス。
唇の上なら愛情のキス。
閉じた目の上なら憧憬のキス。
掌の上なら懇願のキス。
腕と首なら欲望のキス。

さてそのほかは、みな狂気の沙汰。


フランツ・グリルパルツァーを読んで不意に思いついた。久々知は床上手でキス魔だとよろしい。タカ丸は経験はあるけれどもいつまでも恥じらいを捨てられないと可愛らしい。


思っていたよりずっと、慣れていなかった。
膝を抱えて身体を折りたたむようにして己の熱を突き入れると、その度にタカ丸は指を噛んで声を殺した。あぐ、あぐ、と苦しそうに喘ぐさまがなんだか可愛そうなばっかりで、この人は思っていたよりもずっと情事に慣れていないのだと久々知は知る。久々知は房術の実習で何回か女を抱いているし、抱かれるほうも経験済みだ。タカ丸と抱き合うのは初めてでも、何処を如何すれば好いのかは、判っている。ぬく、ぬく、と内壁を擦るように奥へと打ちつける。その度に、我を忘れたように「あ、あ、もっ、だめ、兵助、ゆるしてっ」と哀願するのが可愛らしかった。普段は、まるで頼りないようでも大人びたところを見せているタカ丸が、自分の下でこんなふうに余裕をなくしているのは見ていて嬉しい。柔らかな耳たぶを甘噛みして、耳孔に「好きだ」と熱い息のまま囁いたら手のひらで顔を隠して「いやだ、」と言った。上気していた肌がますます桃色に染まって、照れているのだとわかる。
「そんなこといったらだめ、」
「どうして、」
「だって、あ、うう、ん、はず、かしい、からっ」
ずくずくと腰を突き入れていたらそのうちタカ丸が、いく、と言い始めたので、久々知は仕方がなしに腰を荒く使って自分のものを無理やり絶頂へ導いた。久々知自身は、もう少し長く耐えられる、と思ったのだが己だけ果ててなお腰を使われることの辛さはよくわかっている。同時に果てた。ぐったりと床に横たわるタカ丸の、隣に身を投げ出す。お互いの荒い息が落ち着くのを待った。
「身体、大丈夫ですか」
タカ丸は潤んだ瞳で兵助を見遣ると、きゅっと眉根を寄せて怒った表情を見せた。
「俺が初めてって、嘘でしょう」
「や、嘘じゃないですよ。房術で女は抱きましたが、男は初めてです。・・・まあ、抱かれたことならありますけど。でも、実習相手だし、淡々としたものでした。こんなふうに情を交わしてまぐわったのはあなたが初めてです」
「吃驚した。あんな、あんなふうに抱かれたのは、初めてだった。最後はあんな大声まで出して、恥ずかしいったら・・・!」
「可愛らしかったですよ」
「もういい」
タカ丸は、ぷい、と兵助に背中を向けてしまう。拗ねているのだ、可愛らしいなあ。兵助はなおも思う。背中からタカ丸をぎゅうと抱きしめた。唇には届かないから、腕や口に吸い付く。
「身体は大丈夫ですか、」
もう一度抱きたい、と誘われているのだ。タカ丸は顔を真っ赤にして、表情を見られぬよう深く俯きながら、
「大丈夫じゃないです」
と小さく返した。兵助の抱き方は激しかった。久しぶりということもあって、腰がじんじんする。体力はまだ少しなら残っているけれども、またあんなふうに強い快楽を与えられて、狂ってしまわない自信がなかった。
「ちぇ、」
と小さく舌打ちが聞こえたので、ムッ、と振り返ったら、すかさず唇を吸われた。

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[06/22 すがわら]
[06/22 すがわら]
[06/22 muryan]
[06/22 muryan]

最新記事

(04/04)
(09/07)
(08/30)
(08/24)
(08/23)

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © よいこわるいこふつうのこ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]