忍者ブログ

よいこわるいこふつうのこ

にんじゃなんじゃもんじゃ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

だって男の子だから

>>先ほどスガワラにタイトルの間違いを大変ユニークなコメントで指摘してくださった方へお礼SS。でも、44巻何も関係ない内容なんだぜ・・・嘘みたいだろ・・・。

*イケメンはエロ本なんて読まないもん、雷蔵と三郎が気持ち悪いのは許せないもんという人は、絶対に読んではいけません。

久々知は委員会の集まりだとかで帰ってこない。竹谷はひとり腹ばいになって床板に寝転がると、孫兵との交換日記を読んでいる。『先輩は、毒虫だと何が一番好きですか?僕は蝮です。毒蜘蛛も好きです。でも先輩はもーっと好きです!』竹谷は筆に墨をたっぷりつけると、隣のページに返信を書く。『ありがとう。俺も孫兵好きです。孫兵は面白い後輩だと思います。俺は虫ではだんご虫が好きです。孫兵は、犬では何が好き?俺は、柴犬。▼・ェ・▼←三郎に教えてもらった犬の絵。』
そんなのんびりした時間をすごす竹谷の静寂は、ぴしゃーん!と鋭く開かれた障子によって壊された。障子を開いたのは三郎だった。竹谷が顔を上げると、三郎はにんまりと笑って、「ハチ、俺天才!今度買った春画大アタリッ!!」と両手でブイサインを作った。竹谷は嬉しそうに笑うと、満面の笑みで、上体を起こした。
「タイトルは!?」
「真夜中のくのいち乱舞~霞扇でうっふん~」
「や~らし!」
「とかいって竹谷くん、ほっぺたゆるんでるよ~。見たいんでしょ、見たいんでしょ~」
「鉢屋くんったらえっち~」
にやにやしながらふたりして鉢屋の持参した春画本を開いた。豊満な女房がくんずほぐれつしている絵がばばん!と思春期の少年たちの眼前に広がり、強い刺激を与える。
「おおっ!これは凄い・・・」
「だっしょ、だっしょ?このページとかマジ凄いんですよ先生、ほらっ!」
「うお~っ。これはやばいでしょ~おっぱい丸見えでねえの!」
きゃっきゃっ、と黄色い声を上げて喜ぶふたりの背後から、「秋の新作か」とクールな声がした。ふたりは、足音がなかったために、背後の気配に気づかなかったのであった。振り返ると、そこにはい組の優等生久々知がたっていた。彼は委員会の後そのまま風呂に入ったのか、寝巻き姿からほこほこ湯気を立たせてふたりの間から春画本を覗き込んでいた。
「見事に清純派の女房ばっかりだな。三郎、お前の趣味、ほんとわかりやすいよな」
「何で俺のってわかるのよ」
「ハチは巨乳のしか買わない」
「おっぱい好きで悪かったわねえ!」
久々知は風呂あがりの豆乳をごくごくと飲み干しながら、天井板をずらして中を探った。ほどなくして、ばらばらと何冊かの草紙が落ちてくる。それは、彼の所有の春画だった。
「俺もいいのがある」
「あっ、この間見せてもらったやつか、あれは凄い」
「兵助の好きなやつたいていお姉さん系だろ。俺年上興味ないもん」
舌を出す三郎の方を、竹谷が叩いた。
「いや、三郎、これは見といたほうがいいぞ。ほんと凄いから」
「なんなのよ~タイトルは何~?」
「”美女と蛸壷”」
「な・・・なんなんだ・・・シュールなのに異様に卑猥な妄想を書き立てるそのタイトルは・・・。さすが兵助・・・俺たちはお前のむっつりスケベに勝つことは出来ないのか・・・!?」
「ハチはなんか買ってないのか」
久々知に促され、竹谷は、「今食満先輩に貸しててさあ、」と頭を掻きながら、文机の裏に貼り付けてある本を取り出した。九々知と鉢屋が覗き込む。
「「・・・”おっぱいがいっぱい”」」
ふたりでタイトルを読み上げた後、顔を見合わせ、それから竹谷をふたりしてぎゅうっと抱きしめた。
「俺、ハチのそういうところ好きだよ!」
「よし、よし、ハチは一生そうでいてくれな」
「な、なんだよその生ぬるい感じはよ~!!」
竹谷がわめくと、三郎は竹谷の文机の裏を覗き込んだ。
「チッ、もうないか・・・」
「なに探してるんだよ」
「食満先輩から何か借りてないかと思って」
「借りてるけど、見せない」
「え、なに、やっぱロリコン系!?」
「鉢屋、仮にも俺の好きな人のことそんなふうにゆーな!」
ぷくう、と頬を膨らませた竹谷に睨まれて、鉢屋は素直にごめんと謝る。呆れた表情の久々知が、溜息をつくと、竹谷は、そんな彼を振り返って「斉藤さんはどうなんだ」と尋ねた。
「さあ」
「エロ本の貸し借りしねーの?」
「しない」
「猥談しねーの?」
「一回話振ったけど、にこにこ笑いながら、”兵助くんも若いってことか~。うふ、なんかかわいいねっ”って言われて終わった」
「大人だ・・・」
「そこで食い下がるなよ、もっと積極的に下トークぶちかましてこうぜ!」
熱く語る三郎に、久々知は冷静な表情を向ける。
「っていうかさ、そんなこといわれたら食うしかないだろ」
「は、何を?」
「本人を」
竹谷と鉢屋は黙り込み、顔を見合わせる。((男だ・・・))
「そういや三郎、雷蔵とはあんまり猥談しないよな」
「ばかっ!雷蔵はピュアな天使なんだよっ!煩悩にまみれた薄汚い野郎どもと一緒にするんじゃねえ!!」
三郎の言葉に、久々知と竹谷は白い目を向ける。雷蔵は、三郎の居ないところではわりとばんばん下ネタを飛ばしていくのだ。特に、彼が「AVの冒頭に必ずある女優のインタビューの部分は本当に心の底から不必要」と語るときの真剣な瞳は、聞く人を頷かせる強さを持っていると有名である。
三人でぎゃあぎゃあと話し合っていたら、ノックもなしに部屋の障子があいて、雷蔵が顔を覗かせた。
「三郎、もう寝よ~」
「あ、うん、寝るー」
「雷蔵、今エロ本見せ合ってたんだけど、お前もなんかお勧め持ってる?」
竹谷が尋ねた。三郎が、「雷蔵を汚すんじゃねええ!」と怒鳴りつける。雷蔵はしばしの逡巡の後、にっこりと微笑んで言った。
「エロ本より、実際の女の子が一番ってね」
それは後光が差すかのような清々しい、悟りきった笑みだった。久々知と竹谷は、自慰の後の、理性を取り戻してしまった、あの悟りをひらいた後のような心の平安を感じた。
「いやあああ!雷蔵の不潔ううう!俺だけって言ったじゃない、ばかあ!ばかあ!ばかあ!浮気しないよって俺を抱きしめて囁いてくれたのは嘘だったの!?もう誰も信じられないいいい!恋なんて、愛なんて、あああ!」と泣き喚いて伏せってしまう三郎を肩に抱えて、雷蔵は、「冗談だよ」とわらった。そうして、竹谷と久々知に手を振っていってしまう。
泣き喚く三郎があまりにうるさいものだから、雷蔵は、三郎の耳元で、
「こら、泣くのは僕とのベッドの中だけって約束だったろ、子猫ちゃん」と囁いて、三郎をうっとりさせた。そんな後姿を見て、久々知と竹谷はただただ拝むしかなかったという――。

すごいだろ、これでお礼って言い張るんだぜ・・・

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[06/22 すがわら]
[06/22 すがわら]
[06/22 muryan]
[06/22 muryan]

最新記事

(04/04)
(09/07)
(08/30)
(08/24)
(08/23)

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © よいこわるいこふつうのこ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]