忍者ブログ

よいこわるいこふつうのこ

にんじゃなんじゃもんじゃ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ふがいないや

優タカって、幼馴染から恋人になる瞬間を妄想すると萌えで禿げ上がりそうになる。
友達から恋人とはわけが違うよね、だって近所のいいお兄ちゃんが悪いお兄ちゃんになっちゃうんだもんね。
はあはあ。

そっと身体を横たえられて、厚みのある指を柔らかい髪に梳き入れて、頭を捧げ持つように両手のひらに抱え持つ。あくまでも優しく接吻の雨を降らされて、タカ丸はくすぐったくて咽喉を鳴らして笑った。笑った先から泣き残しの涙が零れて、優作はそれを舐め取ると、やはり瞼に、頬に、なんども触れるだけの優しい口付けを落とした。
「優ちゃん、くすぐったい・・・!」
どうしても、タカ丸は笑ってしまう。瞳を開いて優作を見上げたら、自分を見下ろす彼の瞳があまりに優しかったので、むしろ心臓が痛んだ。優作はふいにタカ丸から立ち上がると、背を向けた。タカ丸はもそもそと起き上がって、畳に尻をつけたまま優作を見上げる。
「・・・優ちゃん?」
「ごめん、タオルケットをもってくるよ」
「いいよ、俺、平気だよ」
優作が何故そんなことを言い出すか、すぐに見当はついた。畳の上で行為に及ぶと背中がひどく擦れるから、それを心配したのだろう。どこまでも優しい男だ、と思う。優作は、「なんだか段取りが悪くてすまないな、もう少し、ムードを出せたらよかったんだが」と頭を掻いて苦笑をする。タカ丸も、くしゃりと顔をつぶして笑った。
「俺、始める前のこういうそわそわした雰囲気好きだよ。なんか、いたずらする前みたいでドキドキする」
優作が、すぐ戻ってくると言い置いて、部屋を出て行ってしまう。タカ丸は、所在無げに、部屋を見渡した。
どうしようか、と思う。
優作がわざと時間をつくってくれたのはわかった。別に、シャツを着たままだって行為に及べるのだし、そもそもタオルケットなら居間の押入れにも入っている。タカ丸は知っている。たぶん、優作が戻ってくるまでの数分間は、タカ丸に与えられた最後の逃げ道だ。今ならまだ戻れる、リセットできる。やっぱり嫌だといたら、優作は嘘をついてでも気にしないと笑って、タカ丸を逃がしてくれるだろう。
最後まで決心をつけがたく、タカ丸は、そんな自分を心底嫌らしいと思いながら、食事のときに優作に用意したビールの缶がそのまま卓袱台の傍らに置かれているのを発見して、手に取った。プルトップを引き抜いて、ぐいぐいと煽る。
「こら、未成年」
背中で優作の声がした。タカ丸が苦笑する。
「・・・気つけ。なんかどきどきして心臓止まりそうだから」
「タカ丸くん、」
優作が気遣うように名前を読んだ。タカ丸は優作が重たいほどに感じているだろう責任感を、冗談で混ぜっ返してしまう。
「ふつつかものですがどーぞよろしくお願いします!・・・って、なんか違うか。ははは」
優作が、タカ丸を抱きしめた。タカ丸は一瞬身を硬くしたが、すぐに努めて力を抜いて、優作に全身を預ける。広げたタオルケットの上に横たえられて、丹念な愛撫を受けていく。泣き声みたいな変な声がでて、俺は男だし気持ち悪く思われないかと余計な心配をして、けれど、見上げた優作と目があったら、よっぽど不安そうな目でもしていたのだろうか、大丈夫だと繰り返し囁かれて、口付けを貰った。こんなに好きな人と出会ってしまったのは、自分にとって一番の幸せだし、不幸だ。タカ丸は心の底からそう思う。

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[06/22 すがわら]
[06/22 すがわら]
[06/22 muryan]
[06/22 muryan]

最新記事

(04/04)
(09/07)
(08/30)
(08/24)
(08/23)

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © よいこわるいこふつうのこ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]